ストレスとお酒で肝臓と心を壊しました

私がお酒を始めて飲んだのは、二十歳になったばかりの頃。彼女に振られた時でした。

 

やけになって自動販売機で缶酎ハイを購入し、家に帰りながら歩き飲みをして、フラフラになりながら家に辿り着いた記憶があります。

 

振られたショックを引きずり、しばらくは毎晩、晩酌をする日が続きました。

 

 

心を入れ替えて心機一転頑張ろうと決意しましたが、身体がお酒を覚えてしまったようでその日以来お酒を毎日飲むことが習慣化されました。

 

最初は缶ビール1本で酔っぱらっていたのが、次第に2本、3本と増えていき、1杯目に缶ビールを飲み、その後焼酎とウィスキーを3杯ずつロックで飲むことが定着しました。

 

 

そんな飲酒生活が続き、30代くらいになると、飲むと記憶がなくなる症状がしばしばみられるようになりました。

 

後から妻や一緒に飲んでいた人に聞くと、何かを発散させるように、何かから逃れたいと思っているように酒を飲み、暴れていたということが多くありました。

 

仕事のストレスなどがアルコールに依存することを加速させていたのだろうと思います。

 

 

それでも健康診断では、肝臓などの異常はなく、それ以降も飲酒生活は続きました。

 

 

しかし数値に異常がなくても日常生活のなかに徐々に自覚できるほどの異常が見られるようになっていきました。

 

 

まず最初に実感したのは睡眠時間が短くなってしまうことです。お酒を飲むと寝付きはいいのですがすぐに目が覚めてしまいます。一度目がさめるとそれ以降、眠れなくなってしまうのです。

 

そして眠れないストレスを埋めるように「眠るために飲酒」が増えるという悪循環に陥ってしまったのです。

 

 

悪循環に気付きストレスが限界に達したと感じた私は、妻の付き添いで病院で見てもらうことにしました。

 

病院に行くと、医者からはうつ病と診断されました。

 

思いがけない結果でしたが、なんとなく腑に落ちた感じがしました。私の場合、お酒の影響は身体というより心の方に表れていたのを自覚していたからです。

 

 

医者からは抗うつ剤と睡眠導入剤が処方され、薬との関係で飲酒は控えるように言われました。

 

しかし長年続いた飲酒の習慣はぬけないもので、薬を飲んで少しでもうつ症状が良くなってくると飲酒をしてしまいました。

 

 

仕事もうつ病で辞めざるをえなくなり、自宅にいることが多くなりました。

 

すると現実逃避から、目が覚めるとお酒に手が伸びてしまい、酔って寝入り、目が覚めるとまた酒に手が伸びるを繰り返しました。

 

 

そんな生活が長く続くはずもありません。悲鳴をあげたのは肝臓です。飲むと吐くようになっていきました。食べる物も食べずにひたすら酒を飲んでいるので、吐く物は液体だけです。

 

そして緑の下痢便をするようになりました。

 

さすがにまずいと思い、家族に病院に連れて行ってもらい、内視鏡検査を受けました。

 

検査の結果は肝炎と十二指腸潰瘍というかなりの重症でした。

 

肝炎と十二指腸潰瘍とうつ症状、さらにこのまま進めまばアルコール依存症になってしまうと言われたことでようやく現実を見ることができるようになりました。

 

 

医師には当然酒をやめるように宣告されましたし、何より自分自身が始めてお酒に対して恐怖を抱いたのです。

 

「このままでは死ぬ」この現実が私の目を覚ましてくれました。

 

 

それからは酒をきっぱりとやめています。うつ病患者が、酒に逃げてしまうことはよくあることだということも聞きました。

 

やはり「眠る為」とか「ストレス解消の為」などというように、何かの「為」に酒を飲むのは、アルコールの依存に繋がってしまうということです。心や体の不調を感じたら、早めの受診をお勧めいたします。

 

 

きっくさん 男性 40代前半