脂肪肝予備軍と診断され晩酌を控える毎日に

肝脂肪に予備軍と診断され晩酌を控える毎日

40代の男性です。

 

お酒そのものは好きな為に、若いころから晩酌をかかした事がありませんでした。

 

お付き合いの席などは別にして、毎日の晩酌でもこのくらいの量を嗜むことが日課になっていました。

 

私は基本的にアルコールには弱めの体質です。

 

どれくらい弱いかというと、日本酒やワインだと1合弱、ビールだと缶ビール1本くらいで酔って「横になって休みたい」と感じる程度です。

 

飲み方のスタイルとしては「良い酒を毎日少量飲む」タイプと形容すればいいでしょうか。

 

若い時から、こんな風にお酒と付き合って20年間。

 

おそらく死ぬ時までこのような飲み方をするのだろうな、と自分では思い込んでいたのですがなかなか人生の先は読めません。

 

 

今年に入ってからですが、少し状況が変わってきました。

 

まず妙に体が疲れやすく、帰宅するとすぐに横になりたい衝動にかられます。

 

また肩がこるというか独特の不快感を感じて、何をするにも積極的になれません。

 

そして致命的な事に、お酒そのものの味が以前ほど美味しく感じられないのです。

 

たとえば発泡酒ではなく、わざわざ地ビールをなどを奢っても苦みのみを強く感じて渋面を作ることになってしまいます。

 

あれほど好きだった日本酒ですが、吟醸酒と美味しい肴などを取り揃えてみてもどうも食指が動きません。

 

飲む前は今夜の晩酌の算段をあれこれ楽しみにイメージしているのですが、いざお酒を前にするとどうも飲みたくない、体が拒否する感じがするのです。

 

こんな時に酒飲みの脳裏に浮かぶのはただ一つ。休肝日です。

 

「体調が悪いだけ。しばらくアルコールを断ったらきっと元通りになるはず」と、数日間、お酒を断ってみるのですがどうも状況は変わりません。

 

そんな時にタイミング良く(というかタイミング悪く?)健康診断を受けることになりました。

 

すると昨年は70IU/Lだったγ-GTPが110IU/Lに!

 

脂肪肝の疑いあり、医療施設の診断を受診してくださいとのことでした。

 

結論から言うと、やはり原因はアルコールでしょうと言われました。

 

また私の場合ですが、甘いものも好きなのでそちらも注意する必要があるとの事でした。

 

これは意外な指摘でしたが、糖分を分解する為に肝臓の働きが欠かせないのだそうです。

 

「とりあえず1ヶ月断酒、甘いものも控えて様子をみてみましょう」という事になりましたが、診断して頂いたドクターの「肝臓病の治療は簡単だけど長期間の治療行為には意志の力が必要なんです」という言葉が印象的でした。

 

若いころから休肝日を設けずに晩酌をしていたツケだと思い、お酒が美味しく感じられることを目標に現在も断酒中です。

 

tomeさん 男性 40代後半