酒は飲む!でも健康が心配・・・大事な肝臓いたわってあげてますか?

いつまでも美味しくお酒を飲みたい人必見!


↓↓肝臓サプリランキング↓↓

お酒の種類によって翌日の残り方が変わります。

たくさんの種類のお酒の画像

ここでは、みなさんが大好きなお酒についての基本的な知識について触れていきたいと思います。

 

「酒の種類の知識なんていまさら必要ないよ」

 

と思う人も少なくないでしょうが、実はお酒の種類によって翌日の残り方が変わってくることがあるので、酒が残るようになったと感じている人は、お酒の種類と残り方についての知識をもっておくと賢くお酒を楽しむことができるようになります。

 

記事の後半で「残りやすいお酒の種類」について言及していますが特に重要な部分なので是非最後まで読んで下さいね。

 

お酒は3種類しかない

みなさんが普段毎日飲んでいる大好きなお酒は、実は大きく分けるとたったの3種類に分類することができるのです。

 

お酒を大別すると3種類になります。

  • 醸造酒(じょうぞうしゅ)
  • 蒸留酒(じょうりゅうしゅ)
  • 混成酒(こんせいしゅ)

 

まずは3つの種類のお酒の違いとそれぞれ分類されるお酒を簡単におさらいしておきましょう。

 

醸造酒

醸造酒や蒸留酒に糖分、果実類、植物エキスを配合して作られるお酒「混成酒」

醸造とは、物質が発酵する作用を応用してお酒や味噌、醤油などを製造することをいいます。文字通り、発酵させてつくるお酒のことを醸造酒といいます。

 

コメやトウモロコシ、ブドウといった、穀類、果実類を発酵させてつくるお酒で、酵母と呼ばれる菌が糖を分類するときにアルコールと炭酸ガスに分解する作用を利用してつくります。

 

酵母は糖を分解することはできますが、糖を含んだデンプンは分解することができないので、デンプンを分解することのできる酵素をもった「麦芽」や「麹」を用いて一度デンプンを糖に分解してから発酵させたりします。

 

醸造酒の代表的なものに、ビール、日本酒、ワインなどがあります。それぞれ製造過程で使用する原料が違いますが、製造方法は基本的に発酵を主としたお酒です。

 

発酵から作られるお酒で一番古くから親しまれているお酒

 

蒸留酒

ビール、日本酒、ワイン

 

 

蒸留酒

醸造酒や蒸留酒に糖分、果実類、植物エキスを配合して作られるお酒「混成酒」

醸造して作られたお酒にさらに蒸留という工程を加えてできたお酒のことを言います。蒸留とは液体を熱して一度気化させたものを冷却して液体に戻すことをいいます。

 

醸造酒にはいろいろな種類のアルコールが含まれて、ある一定の温度で蒸留することで任意のアルコールだけを取り出すことができるのです。

 

ですから、蒸留酒は醸造酒よりもアルコールの種類が少なく純度の高いお酒をつくることができるのです。一般的に蒸留酒の方が、醸造酒に比べてアルコール度数が高いのが特徴です。

 

不純物が少なくアルコール度数が高いのが特徴

 

蒸留酒

焼酎、泡盛、ウィスキー、ブランデー、テキーラ、ジン、ラム、ウォッカ

 

 

混成酒

醸造酒や蒸留酒に糖分、果実類、植物エキスを配合して作られるお酒「混成酒」

醸造酒や蒸留酒など出来上がったお酒に、糖分、果実エキス、植物エキスなどを配合してできたお酒です。

 

いわゆるリキュールと呼ばれるもので、リキュールをもとにいろいろな種類の味を創りだすことが可能です。

 

歴史が一番浅いお酒で種類も豊富

 

混成酒

梅酒、カシスオレンジなどのカクテル

 

不純物が少ないお酒ほど残りにくい

アルコールは基本的に肝臓で分解されます。翌日にお酒が残るというのは肝臓での分解が追いつかずに次の日までアルコールが残るということです。

 

「ただお酒が残っているのではなく気分の悪さも残る」という二日酔いとの症状は、肝臓がアルコールを分解するときに出る有毒な物質の「アセトアルデヒド」が解毒されずに残ってしまっている状態です。

 

肝臓でのアルコールの分解がスピーディーに行われれば翌日に残るということは無いのですが、いろいろな種類のアルコールを摂取すると、肝臓はそれぞれを分解して解毒するので完全に分解するまで時間がかかると言われています。

 

”ちゃんぽん”すると悪酔いすると言われるのも、アルコールの種類が増えることによって肝臓の仕事(分解・解毒)増えるからなんですね。

 

醸造酒、蒸留酒、混成酒を比べると蒸留酒が一番アルコールの種類が少なく不純物(アルコール以外の物質)も少ないため、分解・解毒までに擁する時間が短いと言われています。

 

さらに蒸留酒のなかでもさらに不純物が少ないされているのが、焼酎、ウォッカ、ジン、ラム、泡盛といったお酒です。

 

これらのお酒に共通しているのは、蒸留酒であること、そしてもう一つ(重要です!)メタノールと呼ばれる成分が少ないことが挙げられます。


【注目】メタノールは劇薬にも指定される成分

※ここはちょっと難しい話になりますがとても重要な部分なのでお酒を飲む人は是非覚えておいて欲しい部分です。

お酒に含まれるアルコールはほとんどがエタノールと呼ばれる成分なのですが、製造過程で「メタノール」と呼ばれる毒性が非常に高い成分が微量に作られてしまうことがあります。

特に果実由来のお酒(ワイン)や色の濃いお酒(ウィスキー、ブランデー)などに多く含まれる成分なのですが、これが残るといわゆる「悪酔い」を引き起こすとされています。

エタノールとメタノールは同じアルコール(有機化合物)で似たような成分ですが、細かくみると大きな違いがあってその違いが分解スピードや身体に与える影響に大きく響いてきます。

エタノールとメタノールの2つの違いを知っておくことは上手にお酒と付き合っていくために重要なことなので、是非この機会に覚えておきましょう。

エタノールとメタノールの違い

(スマホ画面は左⇔右にスクロールで確認できます!)
種類 エタノール メタノール
原料 デンプン、糖蜜、エチレン 天然ガス、ナフサ、LPG
別名 酒精・エチルアルコール メチルアルコール
用途 お酒、消毒液 燃料、接着剤
分解されると アセトアルデヒド、酢酸 ホルムアルデヒド、ギ酸
配合量 規制なし 劇物に指定、規制あり

メタノールは身体にとって有毒となる成分で、特徴として「分解に時間がかかる、ギ酸と呼ばれる神経毒に分解される」などがあります。

またメタノールは分解するのに時間がかかるのに加えて、エタノールの方が優先的に分解されるので、分解されるのが後回しになるという特徴もあります。

エタノールの分解に一晩かかりますから、メタノールの分解が始まるのは朝になってからということになります。メタノールが身体の中に残っていると、「めまい、腹痛、下痢、吐き気」などの原因になる非常に厄介な成分です。


メタノールの特徴

  • 分解された後の成分「ホルムアルデヒド」「ギ酸」はどちらも毒性が高い
  • ギ酸は代謝するのに時間がかかる
  • メタノールの分解はエタノールの分解が終わってから

向かい酒で二日酔いが和らぐとされる理由…
「二日酔いには向かい酒」とよく言われますが、実は向かい酒が二日酔いに効くとされている原因はメタノールの分解が遅いということが関係しています。

メタノールは分解が遅れるので、長く身体の中にとどまることになります。メタノールによる二日酔いの症状はメタノールが分解されてホルムアルデヒドやギ酸になると発症します。(メタノールのままでは影響は少ないとされている)

向かい酒はエタノールを新たに肝臓に送ることで、メタノールの分解をさらに遅らすという行為です。当然ですが、向かい酒をすることで一時的に和らいだ気にはなりますが、エタノールの分解が終わるとメタノールの分解による悪酔いの症状がでますから向かい酒は根本的な解決にはなっていないということです。

まとめ

長々と説明してきましたが、結局何が言いたかったかというと、メタノールが多く含まれるお酒は分解までに時間がかかるし、毒性が高いので悪酔いしやすいということです。

お酒に弱い人、昔よりもお酒が弱くなってなるべく悪酔いしないお酒を探している人は、メタノール含有量の少ない蒸留酒を飲むようにしましょう。(蒸留酒は総じてアルコール度数の高いお酒ですから飲み過ぎは厳禁です。)


残りにくいお酒を選ぶなら

  • 混成酒や醸造酒よりアルコール純度が高く分解が速い「蒸留酒」
  • 蒸留酒でもメタノールの含有量が少ないものを選ぶ
  • 果実由来のお酒はメタノール含有量が高いので避ける

以上の3点を考慮して残りにくいお酒を選ぶなら、焼酎、ウォッカ、ジン、ラム、泡盛といったお酒が挙げられます。

これらのお酒はアルコール純度が高いので当然量を間違えると、分解しきれずに二日酔いになるので注意が必要ですね。