酒は飲む!でも健康が心配・・・大事な肝臓いたわってあげてますか?

いつまでも美味しくお酒を飲みたい人必見!


↓↓肝臓サプリランキング↓↓

タウリン1,000mg配合!は肝臓にとってどんな効果があるのか?

肝臓サプリに良く配合されている肝臓に良い5大成分のひとつ、「タウリン」について詳しく解説していきます。

 

 

 

リポ〇〇ンDのCMでもおなじみのタウリンは、肝臓サプリにも度々登場する成分です。

 

「おそらく肝臓に対してなにからのいい効果があるんだろうなぁ」くらいに思っている人は多いのではないでしょうか。

 

 

ここでは、名前は効いたことあるけど、具体的な働きについては謎が多いタウリンについて詳しく見ていきたいと思います。

 

タウリンは人体のあらゆる場所にタウリンとして存在する

タウリンはたんぱく質の一種で筋肉、脳、網膜、白血球などの至るところに存在しています。

 

何かの成分と合成されて違う成分になるわけではなく、タウリンはタウリンのままいろいろな働きをサポートしているんです。人体のおよそ1%をタウリンでできていると言われるくらい身体にとってなくてはならい成分です。

 

タウリンの働きは多岐に渡っているので全てを説明するにはこのページでは全く足りません。

 

肝臓に対しての働きだけをみてもこんなにたくさんあります。

 

タウリンの肝臓に対する働き

  • 肝脂肪の排出をサポートして肝脂肪の予防
  • 肝細胞再生のサポート
  • アルコール分解酵素の働きを助ける
  • 胆汁の分泌を促進、コレステロール値を抑える

 

肝脂肪の排出をサポート

お酒にはアルコール以外にも糖分やプリン体とよばれる成分が含まれています。また、お酒の席では何かしらのつまみを摂る機会も増えますから、当然脂肪分が身体に溜まりやすくなります。

 

肝臓にも中性脂肪が貯まるようになっていて、中性脂肪が極端に溜まってしまった状態の肝臓を肝脂肪と呼びます。

 

肝脂肪になると肝機能が低下してアルコールを分解する能力は低下。さらに、肝臓機能自体も低下するため肝臓がんなどのリスクを高めてしまいます。

 

タウリンはこの肝臓に貯まる中性脂肪を体外へ排出する働きをサポートしてくれます。タウリンを常に摂取しておくことで肝脂肪の予防に効果があるんですね。

 

 

アルコール分解酵素の働きをサポート

アルコールを分解する酵素の働きを助けるのもタウリンの仕事の一つです。タウリンには肝臓にとって負担のかかる働きをする時に肝機能が低下するのを防ぐ働きがあることが分かっています。

 

つまり、アルコール分解という肝臓にとって負担のかかる働きをする時に肝機能が低下してしまうのをタウリンが防いでくれるんですね。
(参照⇒2007年大正富山医薬品株式会社医薬品インタビューフォーム pdf

 

 

これらの働き以外にもタウリンは全身のあらゆる場所で活動しますから、タウリンがいかに重要な成分であるかが理解できると思います。

 

タウリンはどんどん消費されていく

全身の機能や肝臓にとって重要なタウリンはそれぞれの働きをすることでどんどん体内で消費されてしまいます。

 

タウリンは体内で生成することのできる成分ですが、生成できる量には限りがあって食事よって体外から摂取し続けないとタウリン不足によっていろいろな症状を引き起こしてしまいます。

 

肝臓でアルコールを分解するときにタウリンが大量に消費されますから、タウリンは飲酒習慣のある人は不足しやすい成分です。

 

 

タウリンを多く含む食材

タウリンは普段の食事で摂取するのが比較的簡単な成分です。主に、イカ、タコ、ハマグリといった海産物に多く含まれ肝臓サプリでおなじみの牡蠣やしじみといった貝類にも多く含まれています。

 

とくにイカやタコには豊富に含まれていて、スルメの表面に白い粉がでるのを見たことがあると思うんですけど、あれの正体がまさしくタウリンなんですね。

 

なので、お酒の席でスルメというのは実は肝臓の働きを助けるという視点でみても理にかなっているんです。

 

 

タウリンを豊富に含む食材

  • タコ (100gあたり 1,000〜1,500mg)
  • イカ (100gあたり 800〜1,000mg)
  • ハマグリ (100gあたり 300〜500mg)
  • カツオ (100gあたり 150〜700mg)
  • しじみ (100gあたり 100〜130mg)
  • 牡蠣 (100gあたり 700〜1,100mg)

 

タウリンの1日の摂取量目安

タウリンの1日に必要な摂取量目安は成人の男性で300mg〜500mgとされています。普段の食事を海産物を中心にバランスよく取っていれば問題なく摂取できる量であるといえます。

 

飲酒習慣のある人は意識して海産物を多くとっておけば必要量は摂取できるはずなのですが、なかには海産物を毎日取れないと言う人もいると思います。

 

タウリンは比較的簡単に摂取できる成分とはいえ、肝臓を酷使するような飲酒習慣を持っている人はサプリメントなどで適宜補っていくことをおすすめします。

 

また、タウリンを含む食材を調理するときの注意点としてタウリンは水に溶けやすい水溶性の成分なので、茹でたり煮たりする料理よりは焼いたりするほうが摂取しやすいという点は注意が必要ですね。

 

日本人の成人男性が1日に必要なタウリンの摂取量目安

1日あたり 300〜500mg

 

タウリンの副作用

タウリンの気になる副作用ですが、基本的にタウリンはアミノ酸に似た成分で身体に与える悪影響というのは報告されていません。

 

過剰に摂取された分は尿として体外に排出されますから、摂取量を気にする必要はないと言えるでしょう。

 

タウリンを食べると胃痛がする?

まれにタウリンを摂取すると胃痛がするなどの症状を訴える人がいますが、実はこれはタウリンそのものが悪さをしているわけではなく、タウリンによって胃酸の分泌が増えることが原因となっています。

 

実はタウリンには胃酸の分泌を促してしまうという働きがあるので、空きっ腹にタウリンを流し込んでいしまうと胃酸過多となっていを傷めてしまう可能性があるのです。

 

 

タウリンをサプリメントなどで補給するときは、なるべく胃に食べものが入った状態の方が、胃酸による胃痛を防ぐと言う意味でも重要です。

 

胃酸がでれば食べ物の消化にも良い影響があるので「タウリンを摂るなら食中、食後」と覚えておきましょう。

 

 

タウリンを効率良く摂取できるおすすめ肝臓サプリ

 

 

 

 

タウリンを効率良く摂取できる肝臓サプリメント

肝パワーEプラスの詳細ページ

タウリンを豊富に含む上質な牡蠣を使用し、タウリン以外にもオルニチン、亜鉛、など様々な肝臓に嬉しい成分を一度で採れるイチオシの肝臓サプリメントです。980円お試しセットも用意されています。

 

 

海乳EXの詳細ページ

牡蠣がメインの格安サプリメント。牡蠣に含まれる亜鉛、タウリンを効率良く安価に摂取したい人におすすめ。