酒は飲む!でも健康が心配・・・大事な肝臓いたわってあげてますか?

いつまでも美味しくお酒を飲みたい人必見!


↓↓肝臓サプリランキング↓↓

アルコール性肝脂肪はとても身近な病気

ここではアルコール性肝脂肪について、一般的な原因や症状を誰にもわかりやすくするために、かなり噛み砕いて解説しています。
ここに書いてある記事を鵜呑みにするのではなく、あくまでも参考程度にして、もし気になる点などあれば医師や薬剤師など信頼できる人に相談するか、医療機関で受診するようにしましょう。

 

アルコール性肝脂肪とは次のような状態の肝臓のことを指します。

 

「アルコールの摂取が原因で肝臓に中性脂肪が溜まってしまった状態」

 

もっと具体的に定義すると「肝臓の細胞(肝細胞)に脂肪(トリグリセライド)が沈着して肝機能障害を来す疾患」とされています。

 

肝臓の30%以上が脂肪となってしまうと肝脂肪と所見されることになっています。正常な肝臓なら通常3〜7%程度とされていますから、通常の健康な肝臓と比べるとおよそ5〜10倍の脂肪が付いてしまっている状態なんです。

 

肝脂肪とはつまりフォアグラのこと

フォアグラって食べたことがある人はもちろん、食べたことのない人も名前くらいは聞いたことがあると思うんですけど、肝脂肪とはつまり「フォアグラ」と同じような状態なんですね。

 

フォアグラってガチョウに脂肪分たっぷりエサを際限なく与え続けることでわざと肝臓に脂肪をでっぷりとつけさせたものなんです。ガチョウの健康などお構いなしにひたすら肝臓を太らせるわけです。

 

実際にフォアグラが美味しい、美味しくないの議論は置いといて自分の肝臓もそんな状態だったらって考えただけでもゾッとしますよね。

 

 

飲酒習慣のある人で運動不足の傾向がある人は、全然他人事ではなく自分の肝臓もまるまる太ったフォアグラのような状態になっている可能性があります。

 

肝脂肪のなかでもアルコールが原因となる疾患を「アルコール性肝脂肪」と呼んでいます。お酒を飲む人のもっとも身近な病気の一つと言われているので身に覚えがある人はこの機会にアルコール性肝脂肪についての最低限の知識を身につけておきましょう。

 

肝脂肪と認められる人は近年とても増えています。

東海大学病院検診センターによる検診受診者における肝脂肪発見率の推移のデータ画像

(出典:日本消化器病学会機関誌

 

 

アルコール性肝脂肪になってしまう原因

飲酒をして体内にアルコールが入ってくると肝臓はこのアルコールを一生懸命に分解します。その時に「アセトアルデヒド」という有毒性の物質が作られます。(肝臓の分解作用)

 

アセトアルデヒドは有害物質ですから、そのまま体内に残ると様々な悪影響を及ぼす厄介なものなので、肝臓はアセトアルデヒドをさらに水分と二酸化炭素に分解し体の外へ排出します。(肝臓の解毒作用)

 

通常ならこうしてアルコールはすべて排出され特に問題ないのですが、大量のアルコールを摂取し続けるとアセトアルデヒドが大量に作られその毒性が肝細胞を傷つけたり肝臓が持つ脂肪分解の機能を弱らせます。

 

脂肪が分解されないでいると中性脂肪が肝臓に貯まるようになり、最終的にアルコール性脂肪肝を引き起こしてしまいます。アルコールを分解することで生まれるアセトアルデヒドが大きな原因になるわけです。

 

アルコール性肝脂肪になってしまう原因

アルコールを分解したときにできる有毒物質「アセトアルデヒド」が肝脂肪を傷つけて肝機能(アルコール代謝)の低下を招きます。アルコールによってもたらされる中性脂肪の分解が進まずに肝臓に沈着してしまうのです。

 

 

アルコール性肝脂肪になるとどんな症状が表れる?

「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓は、肝脂肪くらいでは弱音を吐きません。日々途切れることなくやってくるアルコールをひたすら分解・解毒します。

 

アルコール性の肝脂肪になってもなお、肝臓は休むこと無く働きつづけることだけに集中して病気のサインをだすことはありません。

 

肝脂肪のもっとも怖い点は、「肝脂肪を患っていても自覚症状がほとんど無い」という点です。

 

なんとなく気分が優れないとかお酒が残るようになったなぁと気づけるようになった時はすでに肝脂肪へ片足が浸っているかもしれません。

 

気付かずに肝脂肪が進行すると

肝脂肪と気付かずにそのままの飲酒習慣を続けると当然肝脂肪の症状は進行していきます。

 

肝脂肪の症状が進行すると「疲れやすい」とか「お酒に弱くなったなったなぁ」と感じることはあるかもしれませんが、それが脂肪肝のせいだと気付く人はとても少なく、多くの方は仕事などのストレスで疲れているだけだろうと見過ごしてしまいがちになっています。

 

アルコール性肝脂肪の一番の怖い点は自覚症状が無いまま進行して、もっとリスクの高い病気へと進行してしまう点です。

 

アルコール性脂肪肝をそのままにしておくとやがてアルコール性肝線維症、肝硬変、さらには肝がんなどのもっと重篤な病気へと姿を変えてしまいます。

 

アルコール性肝脂肪が進行するとこんな病気になる可能性がある

  • アルコール性肝線維症
  • アルコール性肝炎
  • 肝硬変

 

これらの病気は肝脂肪と密接な関係があり、どれも肝脂肪と併発する可能性のある病気です。「まだ肝脂肪で良かった」と安心するのではなく、肝脂肪と診断されたらスグにでもにこれらの病気のリスクと向き合う必要があります。

 

 

アルコール性肝脂肪を予防するには?

アルコール性肝脂肪はアルコールの摂取によって引き起こされる病気ですから、当然アルコールを断つことで進行を防ぐことができます。

 

初期のアルコール性肝脂肪は可逆性の病気と言われていて、飲酒を完全に断つことで肝臓を元の状態に戻すことができると言われています。

 

肝臓はアルコール分解以外にもいろいろな働きをしますから、アルコールの分解や解毒以外の働きによって中性脂肪はどんどん消費されていくんです。

 

なので、アルコール性肝脂肪の最大の予防法は「飲酒をしないこと」なんですね。さらに、アルコール肝臓の働きを助けるような食生活や生活習慣を身につけることの大切です。

 

アルコール性肝脂肪を予防するには

  • 禁酒する
  • 食生活を見直す。(脂肪分を減らす)

 

分かっているけどなかなか止められない人は

そうはいっても付き合いだのなんだのでお酒を完全に断つことはとても難しいものです。とくにお酒が好きなお父さん達は仕事や地域の人との人間関係もありますから、誘われて断れないという場面も必ず出てくるでしょう。

 

そんなお酒を飲むと分かっている場合は肝臓の働きを少しでもサポートしてくれる肝臓サプリメントがオススメです。

 

肝臓サプリにもいろいろ種類がありますが、基本的に肝臓の働きをサポートする成分が含まれていたり、肝臓の栄養となる成分が含まれていて肝臓には嬉しい効果が期待できます。

 

薬ではなく栄養補助食品ということで、短期間での劇的な効果は望めませんが続けることで疲れた肝臓を元気にしてくれて低下した肝臓の機能を回復させてくれる効果が期待できます。

 

肝臓の働きをサポートしてくれる成分には、「オルニチン」「亜鉛」「タウリン」「クルクミン」「ビタミン各種」「アミノ酸各種」などたくさんの成分がありますが、それらを普段の食事だけでバランス良く補うのは困難です。

 

肝臓サプリはそうした肝臓に良い成分をまとめて、効率良く毎日気軽に摂取できますから、「お酒が残るようになってきたなぁ」「肝脂肪になったら嫌だなぁ」と思う人は肝臓サプリを日々の生活の中に取り入れることをオススメします。

失敗しない肝臓サプリ選びをお手伝いします

始めて肝臓サプリを選ぶ人はこちらの肝臓サプリも参考になります。

 

【品質重視!】厳選素材で選ぶ肝臓サプリランキング

 

【コスパ重視】価格で選ぶ肝臓サプリランキング

 

【徹底比較】主要な肝臓サプリ10商品を比較しました!!