酒は飲む!でも健康が心配・・・大事な肝臓いたわってあげてますか?

いつまでも美味しくお酒を飲みたい人必見!


↓↓肝臓サプリランキング↓↓

肝硬変はヤバい病気です。

ここでは肝硬変という病気について見ていきます。

 

「肝硬変」と言う病気の名前はお酒を飲んでいる人なら一度は聞いたことあるのではないでしょうか?

 

肝硬変は肝臓がかかる病気の中でも非常に深刻な病気の1つです。文字通り、「肝臓が硬く変形」してしまう病気でアルコールによる肝臓の病気の終末像とも言える病気です。

 

肝硬変まで進行すると命の危険もある病気ですから、このページで解説している肝硬変の知識については、「予備知識」として見るもので、自分に当てはめてみてはいけない知識でもあるということです。

 

「もしかしたら自分は肝硬変ではないか?」と疑ってしまうレベルなら促、受診して下さいね。

 

肝脂肪や肝線維症の終末像

肝硬変には、大きく分けるとウィルス性のものとアルコールによるものがあります。ここではアルコール性の肝硬変について詳しく見ていきます。

 

アルコールが原因となる肝硬変は全体の1割を占めていて、ほとんどの場合、肝脂肪や肝線維症などの病気を経て進行していきます。

 

目安として1日日本酒換算で5合以上を10年続けて摂取(ここまでくるとアルコール依存症を疑うケースがほとんど)すると肝硬変にはる確率が高くなってしまうということです。

 

肝硬変まで進行してしまうとアルコールを健康な肝臓と同じように分解することが困難な状態となり、禁酒後もかなりの時間を治療に費やすことになります。

 

命に関わる重大な事態に発展するリスクがある肝硬変という病気は、適切な量をこえる飲酒習慣を持つ人なら決して人事ではない病気であると認識することが大切です。

 

肝硬変になってしまう原因

アルコール性の肝硬変は肝硬変全体の1割を占めて、そのほとんどが毎日日本酒換算で平均5合以上を飲み続ける「常習飲酒家」と呼ばれる人達に発症します。

 

アルコールによって肝臓の機能が低下すると、肝臓によって吸収されるはずだった中性脂肪がそのまま肝臓に沈着して「肝脂肪」と呼ばれる状態になります。

 

さらに飲酒を続けることで、肝臓の細胞が線維化してしまう「アルコール性肝線維症」や肝細胞が炎症を起こす「アルコール性肝炎」へと進行していきます。

 

アルコール性肝炎まで進行すると、なんらかの症状を自覚するものですが、自覚症状を無視してお酒を飲み続けると、肝細胞が完全に線維化して硬く変形してしまいます。

 

この硬く変形した肝臓の状態を肝硬変と呼びますが、ここまで進行すると実は禁酒をしても完治するのは難しいとされています。

 

アルコール性肝硬変になる原因

  • 大量のアルコールを摂取し続ける
  • 肝脂肪や肝線維症が進行する

 

 

肝硬変の症状

かなり進行した病気であるにもかかわらず、肝硬変の初期では自覚しやすい症状というのが少ないのが特徴です。

 

肝硬変の症状を知識として知っていれば、自分で気づくこともできますが、多くはストレスや疲れのせいなどと自己判断して見過ごされてしまうものもあります。

 

しかし、自覚症状が少ない肝硬変でも深刻なレベルにまで進行すると身体にいろいろな変調が見られるようになります。

 

肝硬変の主な症状

  • 腹水
  • 黄疸
  • 吐血
  • むくみ
  • 倦怠感、疲労感
  • 食欲不振
  • 発熱
  • 手のひらが赤くなる(掌紅斑)
  • 胸や首などに赤い斑点がでる(くも状血管腫)

 

進行した肝硬変だとこれらの症状が複合的に表れ日常生活を送るのも困難な状態になってしまいます。

 

しかも、肝硬変はさらに肝臓ガンなどさらに救命率の高い病気を発症するリスクも高めてしまいます。

 

アルコール性肝硬変を予防するには?

アルコール性肝硬変は「アルコールを大量に飲酒し続ける」これが一番の原因ですから、予防法はズバリ「飲酒を控える」のが一番効果的です。

 

アルコールを過剰に摂取し続けることは間違いなく肝臓の機能を低下させてしまいます。肝機能が低下してアルコールが残るくらいならまだマシな方で、アルコールによって肝細胞が炎症を起こすだとか、壊死してしまうレベルになると禁酒をしたあとも肝臓の病気に悩まされることになってしまいます。

 

 

週末に適度な量のお酒を飲むくらいではアルコールによって肝硬変になってしまうという確率は低いですが、毎日仕事が終わってから浴びるように飲む人は自分でのアルコールによる身体への影響が気になるはずです。

 

酒が残るようになった、酒に弱くなったと自覚できているのは、お酒による肝臓への影響を自覚できるということですから、まずは飲酒習慣を見直して下さい。

 

肝硬変になる人というのは、自覚してもなお飲み続ける人なのです。

 

アルコール性肝硬変になる人にとって一番怖いのは「身体に異変が起こっていても飲み続ける」、「自ら死を選んでいることを自覚しながらも飲んでしまう」という部分にあると言えるのではないでしょうか。

 

アルコール性肝硬変の予防はお酒を減らすこと!

 

肝機能を強化するにはたっぷりの栄養と休養が大切です。

肝臓の機能は年齢とともに低下していきます。どんなに気をつけていても年齢には逆らえないんですね。

 

肝硬変まではいかなくても、肝臓の機能が低下することで、若い頃は大丈夫だった量のお酒でしんどくなってしまったり、翌日に辛い思いをする機会が増えていくでしょう。

 

 

これは、ある程度は仕方のないことで、年齢によってお酒に弱くなったと実感するようになったなら、お酒の量を減らすことが一番重要です。

 

しかし、働くお父さん世代はなにかと付き合いも多くてお酒の席というのはしばしばあるものです。お酒を楽しく飲むには普段からの肝臓のケアというのがとても重要になってきます。

 

肝臓は新陳代謝が活発な細胞で毎日フル回転で働き続けていますから、大量のエネルギーを消費するし、たくさんの栄養を必要とします。

 

 

アルコールの分解という仕事は肝臓にとってとても大きな負担となるので、さらに栄養を必要とします。

 

普段から規則正しいバランスのとれた食事をこころがけて、肝臓がきちんと働ける環境を整えておくこともアルコールによる肝障害を防ぐには有効な手段です。

 

肝臓の働きをサポートする栄養がたくさん入った肝臓サプリがオススメです。

オルニチン、亜鉛、ウコン、タウリンなど肝臓の働きをサポートしてくれる成分を毎日の食事でバランスよく摂取することは難しいものです。

 

サプリメントなら毎日簡単に肝臓の元気をサポートすることができます。当サイトでは、売れ筋肝臓サプリ10商品を徹底的に比較してランキングでご紹介しています。

 

病気にならない元気な肝臓を作りたい人にオススメです。

【品質重視!】厳選素材で選ぶ肝臓サプリランキング