酒は飲む!でも健康が心配・・・大事な肝臓いたわってあげてますか?

いつまでも美味しくお酒を飲みたい人必見!


↓↓肝臓サプリランキング↓↓

アルコール性肝線維症

アルコール性肝線維症とはどんな病気?

 

アルコール性肝線維症(アルコールせいかんせんいしょう)という病気を聞いたことがありますか?

 

肝脂肪や肝硬変に比べていまいちメジャーな病気ではないので、名前を聞いただけではピンとこない人も多いと思います。しかし、この病気は飲酒習慣がすっかり身についてしまっている人にとっては素通りすることのできない非常に身近な病気なんです。

 

 

アルコール性肝線維症は肝脂肪が進行(もしくは併発)して引き起こされる病気で、『肝臓の中に繊維状のものできてしまう病気』です。

 

 

本来健康な肝臓にはないはずの「繊維状のもの」ができてしまうため肝臓の機能を低下させてしまう病気なんですね。この病気の一番の特徴はアルコール性肝脂肪と同様に自覚症状がほとんどないということです。

 

自覚症状がないうえに、肝脂肪に比べるとダメージが進行している状態で、アルコール性肝線維症が進行すると命にもかかわる重篤な病気(肝硬変)を招いてしまう可能性があるとてもリスクの高い病気なのです。

 

「肝臓の中にできる繊維状ものの正体はなんのか?」
「繊維状のものは肝臓にどんな影響を与えるのか?

 

など、身近で危険な病気でありながら、イマイチ認知度が低い「アルコール性肝線維症」の気になる原因やリスクについて詳しく見ていきましょう。

 

良くわかる!アルコール性肝線維症を発症してしまう仕組み

アルコール性肝線維症は「肝臓の中に繊維状のものができてしまう病気」と言いましたが、そもそもどうして肝臓の中に本来あるはずのない「繊維状のもの」ができてしまうのでしょうか?

 

ここではアルコール性肝線維症の特徴的な症状でもある、「肝臓の中に繊維状のもの」ができてしまう仕組みについて3段階に分けて簡潔にわかりやすく解説します。

 

アルコール肝線維症になるまでの3段階

アルコール性肝線維症は3つの段階を経ながら進行していきます。

肝細胞がダメージを受ける

大量のアルコールを摂取し続けることによってアルコールを分解した時にできる有毒物質「アセトアルデヒド」が肝細胞を攻撃します。

 

通常、アルコールが肝臓に入るとアセトアルデヒドを無害な水と二酸化炭素のにまで分解するのですが、大量の飲酒を続けるとこの分解が追いつかなくなっていきます。

 

分解が追いつかなくると肝臓内にアセトアルデヒドがたまり、肝臓の細胞を攻撃してしまうのです。ダメージを受けた肝臓は肝機能が低下しまい、ますます分解能力が落ちてしまいます。

 

こうして分解しきれない量のアルコールと、機能が低下してしまった肝臓が原因となって肝臓の常にダメージを受ける状態になっていきます。

 

アルコールによって肝細胞はダメージを受けてしまう

  • 分解しきれない程のアルコールが原因で肝臓内に有毒物質が溜まる
  • 有毒物質が肝細胞を攻撃して肝機能が低下する
  • 肝機能が低下するのでさらに分解が遅れる

 

 

ダメージ部分を修復する

肝臓は身体にとってとても重要な役割りを果たすことから、肝臓の細胞というのは再生能力が高くなっています。

 

皮膚や血液のように新陳代謝によって常に新しい細胞が生まれ続けるようになっているんですね。

 

肝細胞がダメージを受けると肝臓はダメージ部分が広がらないようするためにすぐにダメージ部分を修復しようとします。修復するためにはダメージを受けた細胞が邪魔になるので一度ダメージを受けた細胞を取り除きます。

 

そのままだと肝臓に穴が空いた状態になるので、肝細胞が新しくできるまでの間この隙間をコラーゲンによって埋めるのです。こうしてダメージを受けた肝細胞は取り除かれ一時的にコラーゲンによって仮修復されます。

 

ダメージ部分を修復する

  • ダメージ部分を一度取り除く
  • 新しい肝細胞できるまでの間コラーゲンで隙間を埋める

 

 

肝機能が低下すると新しい細胞が作れなくなる。

通常の肝臓ならこのコラーゲンで埋めた隙間に新しい細胞が生まれてコラーゲンは吸収されて自然と消えるようになっています。

 

しかし、大量のアルコールを分解しなくてはいけない忙しい肝臓は新しい細胞を作る能力が低下していますから、なかなか新しい細胞をつくることができません。

 

新しい細胞が作れない間もどんどんダメージを受けますから、コラーゲンでの仮修復が続きます。そして次第に肝臓内にどんどんコラーゲンでの仮修復されたものが溜まっていきます。

 

この溜まっていったコラーゲンこそアルコール肝線維症の名前のもととなっている「繊維状のもの」の正体なんです。

 

つまり、新しい肝細胞が生まれると、仮修復の役目を終えて吸収されてなくなるはずだったコラーゲン繊維が、肝機能の低下によって新しい細胞が作れないのでどんどん肝臓内に蓄積されてしまうのです。

 

コラーゲンが溜まると肝臓は血液循環がうまくいかなくなりさらなる肝機能の低下を招きます。

 

このコラーゲン繊維が溜まって肝機能が低下する肝臓の状態を「アルコール性肝線維症」と呼ぶのです。

 

肝細胞の再生が上手くいかずにコラーゲンが蓄積される

  • 新しい細胞ができるとコラーゲンは肝臓に吸収される
  • アルコール分解に忙しい肝臓は新しい細胞とつくることができない
  • 吸収されずに残ったコラーゲンが繊維状になって蓄積される

 

つまり、アルコール性肝線維症とは

 

アルコールによって機能が低下した肝臓の「肝細胞再生が追いつかずに繊維状のものが蓄積されて、さらに肝機能の低下をまねく病気」なのです。

 

※この繊維状のものがどんどん蓄積されるとやがて肝臓は本来の柔らかさを失い、硬く変形してしまいます。このアルコール性肝線維症が進行した状態を「肝硬変」と呼びます。

 

肝硬変になるとすでに肝細胞の再生を促す治療などができない状態となりアルコールによる肝臓の病気の終末像となります。

 

 

アルコール性肝線維症になるとどんな症状がでるの?

気になるアルコール性肝線維症の症状ですが、この病気になっても「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓は目立った症状を訴えることはしません。

 

アルコール性肝線維症の初期の段階ではほとんど自覚症状がないとされている病気です。まれに身体の倦怠感などに気づく人もいますがほとんどの場合、健康診断などの血液検査の異常によって発見されます。

 

症状が進行すると、発熱、黄疸、食欲不振、下痢、嘔吐などが見られるようになりますが、ここまではっきりとした自覚症状を覚える段階というのは、肝炎や肝硬変といった症状が進行した病気を併発している可能性が高いとされています。

 

また、アルコール性肝線維症に限らず、肝機能が低下している状態だと、アルコールの分解能力も低下しますから、「酒が残る」「以前に比べて弱くなった」といった自覚症状があるのが通常です。

 

しかし、「酒が残るようになった」と感じても、仕事の疲れやストレスが原因だろうと考えて深刻に受け止める人は少ないのではないでしょうか。

 

 

飲酒が習慣となっている人、お酒を飲む機会が多い人でお酒が弱くなったなぁと感じたら肝臓の病気を疑ってお酒の量を減らすことはもちろんのこと、一度信頼できる医療機関などへ受診して検査をするべきですね。

 

「肝臓は沈黙の臓器」自覚症状がなくても検査を受けるようにしましょう。

アルコール性肝線維症はどうやって治療するの?

血液検査の数値で異常が見つかり、アルコール性肝線維症が疑われるとまずは断酒することが大前提となります。

 

アルコール性肝線維症の初期の段階では投薬治療などは行わないで、断酒によって肝細胞の再生を待つのが一般的です。

 

アルコール性肝線維症の進行が初期の場合は断酒をすることによって肝細胞は再生して正常に戻るので、断酒することが最善の治療方法となっています。

アルコール性肝線維症の治療は断酒が基本

 

アルコール性肝線維症を予防するには?

ここまで読み進めた人ならおおよその検討がついているだろうと思いますが、アルコール性肝線維症を予防するには大量の飲酒による肝機能の低下を防ぐことが第一です。

 

アルコールの大量摂取が続くことで肝機能は確実に低下します。肝機能の低下によって細胞の再生が遅れてアルコール性肝線維症を発症するわけですから、飲酒量を減らす(場合によっては断酒)するのが一番の予防法なのです。

 

断酒や減酒を行いながら、肝機能回復のための食事や生活習慣の改善も必要です。

 

  • お酒の量を減らす
  • 脂っこい食事をさける(肝脂肪の予防)
  • 睡眠を十分にとる(肝細胞の再生促進)
  • 肝臓にとって栄養となる成分をたっぷりとる(肝機能の強化)

 

アルコール性肝線維症を予防するには、これらの基本的な行動が唯一でありとても効果的なのです。

 

肝臓は肝細胞の再生能力が他の細胞に比べて高いのが特徴です。病気によって肝臓の半分を切除してもしばらくすると元の大きさに戻ると言われているくらい細胞の再生力が高いのです。

 

そんな再生力の高い肝臓が、再生が追いつかなくなって悲鳴を上げるくらいのアルコール摂取というのはやはり異常であるとまずは認識すべきですね。

 

肝臓に良い成分をたっぷり摂取するには?

肝臓に良い成分というのはたくさんあって、理想を言えば普段の食生活を豊かにしていろいろな食材をバランス良くとるべきなのです。しかし忙しいお父さん世代は付き合いがあったり、仕事が忙しくて外食で済ますなんて人が多いですよね。

 

外食でも栄養はとれますが、やはりお酒が絡むと栄養はどうしても偏りがちになってしまいます。

 

奥さんが健康に気を使った料理を毎日作ってくれていても、食べる時間がなかったりするとどうしようも無いわけです。(ちゃんと作ってもらってますよね?笑)

 

 

  • 仕事などの付き合いでお酒を飲む機会が多い
  • 外食が多く栄養が偏りがちになる
  • 忙しくて手の込んだ料理を食べる時間もない

 

これでは食事によって肝機能を強化することは難しいですから、サプリメントなどを利用して効率よく栄養を補給していくべきです。

 

肝臓サプリは肝臓をいたわる豊かな食生活をサポートしてくれます

忙しくて肝臓に良い食事を毎日摂ることができないお父さんのために当サイトでは肝臓の働きを助けるための栄養がたっぷり詰まった肝臓に良いサプリメントを厳選して紹介しています。

 

「オルニチン、ウコン、亜鉛、タウリン」この辺の成分が肝臓に良いって聞いたことないですか?

 

これらの成分が肝臓サプリにはたくさんはいっていて、肝臓に良い成分を効率良く摂るにはサプリメントは本当におすすめなのです。

 

得られる効果や実感力は飲む人の状態やサプリメントの種類によって変わりますが、間違いなく言えることはサプリメントを続けることで「今よりはマシになる」ということです。

 

肝臓サプリは病気を治す薬ではありませんが、足りない栄養を補い日々の食生活を豊かにするために大きな貢献をしてくれます。

 

 

人気の肝臓サプリ10種類を比較した中から厳選したサプリだけを紹介しています。よかったら参考にしてみてください。

 

【品質重視!】厳選素材で選ぶ肝臓サプリランキングを見てみる